SSブログ

山の日を迎えて [剱立山]

本日8/11は山の日。
DEF53A78-1134-4BC5-9FB3-C482B1EB696C.jpeg
立山は朝から雨が降ったが、徐々に山が見えてきた。
 
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」
 
自分にとって山とはどんな存在なのだろうか。
自分が楽しむ場でもあるが、今は職場という部分が大きい。
お客様に楽しんでいただくにはどうしたらいいのかを常に深く考える場である。
そして、自分が存在するのは山があるからであり、関わる山には感謝しかない。
徐々にできることは限られてはきても、日々粛々と山への案内は続けて行きたい。
 
今回も剱岳を案内して来た。
初日は風が強く寒く、今が夏と信じられないほどのコンディション。
12618C3C-1222-48F1-BB28-3122DEE1BD46.jpeg
剱沢の山岳警備隊にある情報版。
今回はバリエーションルートを登る予定だが、風の影響を受けそう。
 
この日の夕方に剣山荘から見える位置で自力下山できない登山者のピックアップ。
強風の中、県警ヘリは左右に煽られながらも見事な仕事だった。
5948A63E-20A5-46E1-9145-CF0964D8A111.jpeg
後立山での事故者を積んだままのダブルピックアップとのこと。
山に登る者がいる限り、事故はなくならない。
決して判断を間違えることがないよう謙虚にならねばならぬと自らに誓う。
6323D00C-87A3-43C9-B982-8D69D01FAF94.jpeg
翌朝は昨日以上に風が強く、手探りで様子を見ながら出発。
とてもバリエーションルートどころではなく中止。
別山尾根往復でも不安だった。
F10F1FCA-F1F1-423F-AA51-D1AAD05F54B9.jpeg
前剱大岩の標高まで来ると霧雨が混じる。
コル近辺では、身体を持っていかれそうな強風。
危険を感じたら即下山しようと考えていたが、前剱に着いた時点で、このメンバーなら必ず安全に登って帰れると確信した。
C080C3E9-8C3C-4DD0-83E9-6FAB4EC3925E.jpeg
少しずつ、コンディションは改善し、タテバイの岩も乾いていて問題ない。
6BCA3952-E9D8-4853-ADFD-7F8F65B41EFD.jpeg
剱岳山頂に着いて我々が看板を掲げた瞬間、撮影してくれた方が驚くほどの青空が広がった。
またしても、自分は剱岳に守られているという感覚が湧いた。
48775F9A-3C2B-4504-BFF0-147CD04772F4.jpeg
前剱ノ門まで降りたら、休憩中の剣山荘スタッフが一人で山頂アタックしていたので、記念撮影。
53715E57-69E9-4036-92A2-603A85F270B2.jpeg
剣山荘の手作りカレーを食べて下山。
78F15988-F499-45E0-8723-0210CEB8A569.jpeg
天狗平山荘で後泊という贅沢を味わう。
温かい風呂と冷たい生ビールで乾杯!
478B89EC-DED6-4B31-8B1D-405127A43F1D.jpeg
8/10はホッピーさんの誕生日でもあるので、勝手に乾杯。
ちなみに天狗平山荘の先代、佐伯守さんも8/10が誕生日だそうな。
 
そして本日8/11は山の日。
83FFB37C-A8B9-4972-BB22-4DB477614201.jpeg
お客様方はそれぞれの山へ継続されるため室堂解散。
 
ひとりは内蔵助方面へ。
もうひと方は、11日間の北アルプス一周縦走の旅へ。
 
私はラーメンを食べるために一旦下山。

それぞれの山の日を楽しんでいただきたい。

天候不順狭間の剱岳 [剱立山]

なかなか天候が安定せず、山の天気予報も苦しんでいる様子。

そんな中で、チャンスを逃さず快晴に恵まれた剱岳。
 
風も程々にあって快適に登れた。
BCAB693B-9F02-488E-A38D-CF77046C90A9.jpeg
下界は酷暑だが、山の上は涼しい。
初日の雷鳥坂は、涼風が心地よく快調に登れた。
DFC6B172-FC1D-4203-9E1F-F5839717067F.jpeg
剱御前小舎から剣山荘の間は花の宝庫。
 
人も少なくて、癒される空間。
90318193-4376-4A77-9FAF-21AE17C59A64.jpeg
2日目の朝は寒いくらい。
風も吹いて秋のようだ。
20EFAEF5-F3C7-4BDB-8C79-AB20EB425824.jpeg
我々の影が映る前剱ノ門。
5FB775D0-D1F6-4F51-B292-DBAF2279D6AD.jpeg
マンツーマンなので快調。
9E9C63D3-3173-425E-BC6E-67939FA78A1E.jpeg
いつも女性をガイドすることが多いのですが、男性のお客様も大歓迎です♪
8D71F603-38E9-4489-8874-B936C14002ED.jpeg
ここはブロッケンの名所ですが、快晴でしたので影のみ。
4ADFE3DE-691A-4787-BC75-90D02CF56191.jpeg
先程、登った剱岳を眺める。
また、別なルートから登ってくださいねー。
175B9BBD-6B53-4BD7-9D59-4E7C541AFED9.jpeg
剣山荘まで降りたら、お約束の握手!
肌の色がまるで…別の国の人みたい。
8E4BC5D9-74F0-4B6B-BF22-06C071BFAA6F.jpeg
剣山荘の手作りカレーライスを食べて下山開始。
 
やはり、10時を過ぎると暑い。
なので、早朝に動くメリットはとても大きい。
E1A8DB6C-98AD-47DF-8565-9201F7FB9022.jpeg
帰路は剱沢にある池に寄ったが、風が強いのでシワシワ(涙)
 
暑い中、剱御前小舎を越え、雷鳥坂を降りたら更に暑い。
著名山岳ガイドさん数名とすれ違ったが、さすがに暑さでウンザリという顔してた。
 
そんな中で、信じられない光景を目にした。
 
なんか変な匂いがする…。
地獄谷の匂いとも違う!

曲がりくねった道で上から下を覗いたら、メタボな男性が登山道でお尻を出して、コンビニ袋にウ◯チをしていた。
しかも登山道脇で!
我々が側を歩いても、他の登山者が通過しても止める気配なく、目も合わせず、粛々とお尻を出したまま。
 
「やめてくれ!」と言いたかったが、逆ギレされて、その袋を投げつけられたら困るので、急いでその場を離れた。
 
暑さと臭い匂いで吐きそうになった(涙)
CA43ADDB-9AB8-406E-9834-009E77843D59.jpeg
雷鳥荘で温泉入って、かき氷を食べてようやくスッキリした。
 
暑いといろんな人が現れる…。

天空の沢登り [剱立山]

暑い夏の日、立山にある天空の沢を訪れた。
D8A00A28-1CFA-45CC-A729-956D12194E05.jpeg
標高が高い場所にあるこの沢は、蛇や蛙がいなくて、水も冷たく快適だ。
 
今回は、久しぶりに天狗平山荘に泊まった。
6BFDF438-213C-4823-9434-7D2414A69C4F.jpeg
外で飲む生ビールは美味い。
そして、天狗ビールは泡が甘い。
FB33F7A0-044C-4C7E-BD93-9BC76C2657F3.jpeg
夕食はホッピー飲みながら。
74EE6080-67FE-4D2B-ABB8-E2AB9DF3F872.jpeg
そしてマジックアワー。
大同心のような雲が現れた。
 
翌日は快晴で暑い。
40EB66FD-592C-45E7-89D6-3463B7412D5C.jpeg
こんな日は午後から雨が降りやすいので昼には行動を終えておこう。
FBCEDC63-D784-4964-8682-1AAF102D43C3.jpeg
綺麗な水が穏やかに流れるナメを歩くのは実に楽しい。
3EE22981-0CC4-44E4-BFB3-BEC6363485B8.jpeg
優しい滝が良いアクセント。
こんな場所を天国と呼ぶのだろう。
D8E173C6-8F55-44D2-A355-EF090FDE610B.jpeg
そろそろ雲行きが怪しくなり、最後の滝をトップアウトして天狗平山荘へ。
4EE53A7E-3102-4C91-A27A-B3427B3265E4.jpeg
沢グッズを洗って、着替えて、ラーメン食べてたら、やっぱり土砂降りの雨がやってきた。
またしても、セーフ!
826DEE1F-F5D5-48E4-B36C-BC93098E229E.jpeg
降りてから北前船廻船問屋を見学に行った。
58B32FB2-9571-4A7C-8FC9-FAA4CD9BF7FF.jpeg
そして、えび寿司へ。
7BE0D75A-54C2-409C-A6DB-B8A2286634B9.jpeg
実に充実した一日を過ごせてハッピーホッピー!
お疲れ様でした!

真砂沢ツアー2022 [剱立山]

剱岳から下山し、夏恒例の某企業社員研修へ。
天狗平山荘で前泊し、剱御前小舎を越えて、剱沢を降りて真砂沢ロッジに泊まり往復するツアー。

登山未経験の方、初めて雪の上を歩く方など様々だ。

目的は、岩と雪の殿堂を味わうこと、雷鳥を見ること、国内屈指の長大な雪渓を歩き切ること…など。

トータル標高差は優に1800mを超える登山未経験者にはビッグなチャレンジだ。
3D62F66B-65A3-44A6-9787-0D3D042E1CB2.jpeg
このルートをガイド3名でサポートした。
 
4月以来、久しぶりの天狗平へ。
3CC4F1C0-68BA-4814-AB35-13B8D0703D52.jpeg
雪の天狗平も良いが、夏は花と池塘と剱岳の展望が素晴らしい。
そこをバスが走っている風景は不思議だ。
7EF78A65-1CCE-4256-9AE6-FE81A3CA551F.jpeg
皆様と一年振りの再会を祝って、まずは乾杯!
DC69D7FF-A367-4FED-BC0A-8F34C57F4567.jpeg
夕食後にはホッピー、クリームソーダが私の定番。
 
さて、翌朝はラジオ体操で身体を伸ばしてから朝食。
 
室堂を定刻出発。
414995A3-B550-4840-931F-F22C9B326346.jpeg
雷鳥沢キャンプ場へ続く魔の階段地獄で既に膝に来ている方も。
 
少し雷鳥坂を登った休憩ポイントで、山の歩き方、ストックの使い方を簡単にレクチャーしたが、前日にやっておくべきだったと反省。
A470CFA9-893F-4234-BC01-7F0C53B6935C.jpeg
今夏は高山植物がとても綺麗なのだが、皆様眺める余裕なし。
07641065-2C67-4854-AE17-D9FB0E7EF3FF.jpeg
この日は幸い涼しくて、適度に休憩を入れながら快調に剱御前小舎到着。
 
残念ながら、ガスで剱岳も見えず、風が強かったので長居せず、剱沢キャンプ場を目指す。
F12530D5-FF88-442C-A750-338B0CE43D77.jpeg
ようやく前剱まで見えて来た。
2E7614CD-1EA7-4809-801A-CF8A36EBCB6F.jpeg
剱沢管理所前で天狗平弁当を食べる。
相変わらずのクオリティの高さに皆様感激。
みゆきさんから大量のお茶をいただき感謝です。
1295502F-A1C9-4C0A-B55F-8391F94139E3.jpeg
剱澤小屋ではようやく剱岳山頂が見えた。
D8FBC63C-BC2E-4737-98DF-5265AD04F7AF.jpeg
黒百合ノ滝から剱沢雪渓を降りる。
剱岳の大岩壁を間近に見ながら、ひたすら下降する。
16A77A20-6C5E-473F-AF98-F3D03649330A.jpeg
剱岳へ最短で伸びる平蔵谷。
ここから見える峰や壁、尾根を説明するが、皆様周りを眺める余裕なく、足元を必死で注視しながら歩くのみ。
125948F7-2197-4CBB-8E59-E2271516EC9B.jpeg
長次郎谷は左に源次郎尾根、右に八ツ峰を望む絶景地。
 
南無ノ滝の轟音が聞こえると左岸へトラバースして高巻きに入る。
 
再び雪渓に降りたら真砂沢ロッジが見える。
47B79476-ADC3-42E4-8890-3BBD667C79FE.jpeg
坂本心平さんが手を振っているのが見えて、皆様の表情に生気が戻った。
5872E34E-68D9-4A10-9FBF-8DD2B6C02AB5.jpeg
坂本さんも元気でなにより。
7C78FCC8-8183-43DB-93D4-6C48EE319E65.jpeg
翌朝は5時30分に出発。
83BAB8B9-E861-42A8-BB4D-A1446C5F11BC.jpeg
剱沢雪渓の登り返しは厳しい。
誰も弱音を吐かず、膝の痛みに耐えて頑張る。
D2BC0CF5-9CBF-421E-859B-2F452FBF42D7.jpeg
雪渓を終えたら黒百合ノ滝上に上がり、夏道を辿る。
 
この辺りから上で、電波が入り圏外から脱出。
メールチェックしたら、ガイドキャンセルが一晩で3件もあり(涙)
 
剱沢管理所でいただいた氷入カルピスは最高に美味かった。
再び、みゆきさん有難う!
皆様、元気が出たことでしょう。
 
剱御前小舎からの降りで、膝痛スピードダウン。
 
さらに、雷鳥荘への地獄の階段は更に我々を痛めつける。
ここを地獄坂と名付けたい(笑)
1BE500FB-7E5E-4BC7-AE7F-470A1CCEFC0B.jpeg
みくりが池温泉のソフトクリームで生き返る。
03BE2A8B-F0E6-42AD-A581-5C0F3F0C6929.jpeg
そして、執念のゴール。(ひとり足りないけど)
膝の痛みに耐え、真砂沢ロッジから9時間掛けて修行の社員研修最終日が終わった。
皆様、心からリスペクトします!
明日から無事に職場復帰できますように!
 
また、来年の再会を楽しみにしております。

大暑の候 [剱立山]

大暑を迎え、ようやく夏らしい雰囲気になってきたかと思ったら、秋のような気配も感じるこの頃。
3F534EB7-BB1B-45D3-8F8B-5B8CCCA27D78.jpeg
7/24はようやく渋滞発生初日を迎えた。
2202E8AD-4C21-4FDA-9188-52AD3D2FAA92.jpeg
ちょっと一般ルートを離れて登ってみた。
岩は硬いが、浮岩多数あり、お客様に落としたら大変なので、この時期は積極的なラインが取れなかった。
秋の閑散期にまた行ってみよう。
EC03B73B-2881-43F9-BB09-DC9DFD017F37.jpeg
山頂は夏恒例、記念撮影の列ができていた。
ガイドさんも増えて来て賑やかだ。
 
そろそろ、他人の行動に対するリスクをコントロールする時期がスタートしました。
99FDD5A7-BA95-41F9-B415-3049686B69E1.jpeg
ヨコバイ周辺にあるシコタンソウ。
渋滞にイライラせず可憐な花に癒されましょう♪
DA4B1DE6-D03D-4044-BFA0-ADA7585EDF55.jpeg
剣山荘の上にあるハートと私。
 
哀しい事故もあった。
757AA210-E37B-4EDA-9530-58F8B78B7EBA.jpeg
私にとっても残念無念。
山は楽しいことばかりじゃない。
真剣に向き合うことが大切だ。
山から見たなら、どんな人間だって到底及ばない存在なのだと感じる。

必ず夏は来る [剱立山]

ずっと雨が降り続く週で、唯一チャンスがありそうな木曜日。
予定を一日前倒していただいた。
36EDA142-720D-4A29-B97F-C0B44185E943.jpeg
お客様は遠方にお住まいで70歳代。
急な予定変更は大変なことだが、快く応じていただいた。
 
初めてお会いする方だったが、絶対登れるだろうと思っていた。
初めての方にガイド依頼を受けた場合、メールのやり取りだけで、受けるべき仕事か否か解るようになった。
 
剱岳に憧れを持っているけど、同時に恐ろしさも感じている方はだいたい大丈夫。

今回は、年齢のこともあり、体力に自信がないということで、プライベートガイドをご希望された。
プライベートスタイルはガイドとの距離が近く、体力的にも安全面でも圧倒的に優位だ。

初日は歩き方やストックの使い方を講習しながら剣山荘へ向かう。
歩くなんて誰でもできるし、技術ではないと思われがちだが、歩き方から見直すことで随分と怪我や事故を防ぐことができるはずだ。
6F0CC4B9-37DC-4D07-9632-23E5CB0E74C2.jpeg
水分補給、行動食、休憩、パッキング、軽量化などのこともお話しながら歩いた。
360B95EF-7CC7-45D2-A719-464670A78B2C.jpeg
剱御前小舎から剣山荘への雪渓は、最近の大雨で最上部はステップがなくなっている場所もあり、人によってはアイゼン要。
 
しかし、剣山荘スタッフが雨の中でも頑張って、毎日雪切りをしてくれているお陰で危険箇所には綺麗な階段ができているので随分と助かる。
318DC78D-EE24-4E72-92C3-2724013505BE.jpeg
この時期は、花が綺麗に咲いているので、剱岳に登らずとも、剱沢へトレッキングするだけでもお勧めだ。
 
さて、時間に余裕を持たせるため、翌朝は暗いうちにヘッドランプで出発。
 
天候は高曇りで、風もあって寒いが、まず問題ないだろうと思う。
 
明るくなってから見えた剱岳に「あんなに遠いの〜」とお客様。
DE405A09-2061-4E89-972F-D13C8B07F26D.jpeg
「一歩づつ頑張って歩けば、向こうから近づいて来てくれますよ」と。
8BB25666-2334-436F-90D3-A0B52C002809.jpeg
怖いと言っていたタテバイも元気にクリア。
ECA70259-5EF6-44BF-9374-D3380BF4161F.jpeg
気づけば、朝6時過ぎナイスタイミングで夏空満開の剱岳山頂へ。
剱岳は想い描いて頑張っている人には、とっても穏やかに迎えてくれる山だ。

上の写真は、偶然一緒になったガイド資格を持つ赤岳鉱泉スタッフに撮ってもらった。
聞けば前夜の剣山荘から同宿だったと言う。
「本郷さんのオーラが凄すぎて、声が掛けられなかったんです」って(笑)
 
山頂も賑やかになってきたので、下山開始。
ヨコバイ、平蔵ノ頭など、スムーズにパス。
151FC702-1A50-449F-AD70-7558FE43780F.jpeg
前剱まで降りて、いま登ったばかりの剱岳を仰ぎ見る。
 
一服剱を登ると剣山荘は指呼の距離。
70501295-BD08-4E9D-BA44-D2DE14A832CF.jpeg
ようやくやってきた晴天で、この日はヘリ荷上げで忙しい。
 
剣山荘に着いて握手。
ようやく安堵の笑顔が見えた。
 
全く急いだわけでもなく、休憩もたくさん入れたのに8時40分に小屋へ帰って来た。
 
パッキングして、休んでから室堂へ向かう。
B94A8E3A-6A97-4C35-B3BC-B6FCF8CF3D42.jpeg
剱沢野営管理所もヘリの荷上げ。
192DB738-CC56-4414-8867-D107D9778FF1.jpeg
剱御前小舎もヘリ荷上げ。
 
県警山岳警備隊の「つるぎ」も飛んでいて、この日の空は賑やかで、いよいよ夏が始まるなと感じた。
 
雷鳥荘には正午頃に着いて、素晴らしいスピードだった。
「歳だし、体力ないし…登れるか不安です」と言っていたのに。
「最高の二日間でした」と言われて、ガイド冥利に尽きる嬉しい日だった。
 
年齢だけでは人は計れないとつくづく思う。
また、お客様から勉強させていただいた。

かたや、私はと言えば…。
ようやく60歳を迎える若さなのに、情け無い限りだ。

2012年に腰椎椎間板ヘルニアになってから全てが狂ってしまった。
膝も麻痺して、クライミングから離れるしかなく、すっかりガイドスタイルは変わってしまった。
今年はさらに別なダメージも追加されて、自分の身体がなかなか自由にならない。

ということで、今夏も引き続き別山尾根と早月尾根主体で剱岳を案内していきます。

自分の過去や、他ガイドと比べて卑下していても何も生まれない。
今できることを粛々とやるしかない。
 
山から降りたら、時間が許す限り、筋トレ、ボルダリング…を継続して、来たる日を待つのみ。
 
私のガイド経験の中で、最高齢のお客様は89歳での西穂〜ジャンダルム〜奥穂。
74歳でのチンネ左稜線など…。
皆様の頑張りは素晴らしく、今でも思い出深いガイドだ。
 
私はまだまだこれから!
必ず夏がもう一度来ると思うことにしている。

梅雨はいつまでも [剱立山]

秋に剱岳を登るお客様のトレーニング予定だったが、大雨警報で中止。
2A2035A2-AEDC-4970-AA2A-3F1B14A705DE.jpeg
水の流れは速く、寒くて風も強い。
9D79F2E1-1E1F-4B06-A5B4-7AC7DC8FF9F1.jpeg
低体温症に注意が必要な日。
B454CA71-6751-417E-A9B4-9FCBCA6325CA.jpeg
ハクサンシャクナゲ。
雨の日は花が綺麗だ。

夏は何処かへ行ってしまったようだ。
 
そして、またしてもコロナによるガイドキャンセルが増えてきた。
まだまだ試練は続くようだが、試練は乗り越えるためにあるのだ。

海の日 剱岳 [剱立山]

今日は海の日。
せっかくの三連休は日本海に寒冷低気圧が居座り、難しい判断を強いられる天候となった。

しかし、日曜日は時間を選べば登れる予感がして、悪くても月曜日には登れるだろうと決行した。
62DDF428-F416-4B72-8A71-064BCD3103F9.jpeg
連休初日なのに、登山者は少なく、剱沢キャンプ場もテントが少なく、寂しい限りだ。
31A4D2A9-AA1F-4474-A255-1D5F1809B895.jpeg
雨に降られることなく、剣山荘へ。
小屋予約も半分くらいキャンセルになったらしい。
 
小屋に入ってシャワー浴びてたら、天気予報通りに土砂降りの雨が降り出した。
 
夜の間、ずっと雨は降り続いたが、翌朝4時過ぎに後立山方面から明るくなり、一旦雨は上がった。
 
5時に剣山荘を出発。
4F0C3BAB-62CC-493E-A56E-0A30357B7DF6.jpeg
一服剱からは富山も見えてきた。
 
もう一度、強い雨は降るだろうと覚悟してたので、前剱を巻いて先を急ぐ。
 
岩場は濡れてスリッピーなので慎重に歩いて、タテバイへ。
A531486F-F1C5-4121-9C1A-6E19FF254059.jpeg
濡れたタテバイは気持ち悪い。
ヨコバイ合流点下のヌルヌルの鎖場で、先行していた単独登山者が足を滑らせて落ちてきた。
今や、別山尾根の核心部はここだろう。
たった一歩なのだが、濡れていると嫌らしい。
3DAAFEBD-A28D-4D94-860F-49E0AAF28278.jpeg
よく頑張った!
 
やはり、山頂で強い雨が降り出したが、10分くらいで小雨になり、しばらくして止んだ。
もうしばらくは雨は降らないと確信していたので、下りは慎重に時間を掛けて、休憩を多めに行動した。
4A800831-FC1D-4FAD-8629-2CFF414DE04B.jpeg
岩も段々と乾いてきて、コンディションは良くなったきた。
無事に剣山荘へ着いて握手。
私は山頂では握手しない。
剱岳は下山時にたくさんの罠が待っているから。
 
悪天候の隙間を突いた剱岳らしい登山ができた。
これが可能だったのは、お客様方のスピード、確実な技術、強いメンタルがあったからこそ。
C1AF2ED2-7378-4505-8D23-DD599DC199EF.jpeg
帰りに剱澤小屋に寄り、剱人Tシャツを購入。
73794291-311F-4EF7-8D95-A4D2CCFB4B2F.jpeg
雷鳥荘で温泉に入って、かき氷を食べて、生ビールを楽しむことができた。
 
今回、剱岳ガイド中に「天気予報悪かったけど、本郷さんの前回のブログ見て、剱岳に登れました。」という他パーティの方がおられた。
山は来てみなければわからない、ということが伝えられて嬉しかった。
 
しかし、決して悪天候時の剱岳登山を推奨しているわけではない。
天気予報を参考にしながら、自分達の実力、経験を天秤に掛けて適切な判断をして欲しい。
私がガイドする場合、別山尾根なら悪天候でも2時間のチャンスがあれば、アタックすることにしている。
平蔵ノ頭周辺から本峰までの往復タイムだ。
ここを岩場が濡れた状態でも、確実に2時間で抜けるスピードを持ったお客様だけを御連れし、それができない方は登山中止すると決めている。(もちろん、晴天の場合はもっと時間を掛けて歩く)
濡れた剱岳別山尾根は、昔と違って多くの登山者が通過することで岩はツルツルに磨かれ、鎖も滑り危険なので慎重に判断したい。

夏剱開幕戦 [剱立山]

いよいよ夏剱の開幕戦を迎える。
AB3D2034-8E40-4DBC-B7B6-BA7830E4E481.jpeg
今週の天気予報を眺めていると絶望的になるが、木曜日に低気圧が来るまでの時間がワンチャンスと思い、お客様に予定変更してもらった。
A049CEEF-CCAE-4CC3-9ED7-835E6DAE0725.jpeg
久しぶりの室堂は、すっかり雪が減ってしまった。
B00756D9-1E9B-48EA-B963-8B2C68F03363.jpeg
しかし、花は豊富で癒される。
花のガイドとしても生きて行きたい。
6B7008D4-1357-4375-8358-2B1B3ECB2FDB.jpeg
降られることを覚悟しての水曜日は、結局降られることなく剱沢に入ることができた。
FC0AADB0-DA58-4886-8D6B-9356A5C007AA.jpeg
剱岳は相変わらず恥ずかしがり屋。
9A8A85EE-D267-4831-94C6-8987FE4E4390.jpeg
剱澤小屋から剣山荘へは雪切してあり、我々はアイゼンを使わなかった。
4345ADD4-0F71-428E-BB9F-AF74E2788CD5.jpeg
剣山荘オリジナルステッカーが発売されていた。
防水なのでヘルメットにどうぞ
900F5B18-82B9-401C-A28C-657A84C6ED38.jpeg
夜は外が眩しくてなかなか寝付けない。
そう言えばスーパームーンだった。
 
そして、翌朝は予想通りの高曇り。
DE0E0E94-6117-4779-BD7B-A344D50CD0C6.jpeg
一服剱までのいやらしい残雪もバッチリ雪切してあった。
4EF0B012-9AB8-4C9A-8C87-5C8CEA0E1D10.jpeg
一服剱で夜明けを迎える。
ここから山頂までは雪を踏むことはない。
1A4397B9-C72F-47CE-90DF-04727BED6AEC.jpeg
タテバイへの雪の大谷も開通していた。
021ACE80-FACD-4D00-984F-C5548678826D.jpeg
タテバイはウェットなので慎重に。
タテバイを越えた上の抉れた溝は更に深くなっていた。
今夏はこの箇所で渋滞する気がする。
709F9945-F63A-496B-88B8-275111347BA1.jpeg
すっかり夏になった剱岳。
二日間、一度も雨に当たることなく室堂まで下山できたのは幸運だった。
 
山小屋は海の日絡みで、キャンセルが続いていると聞く。
週間天気予報は、山小屋にもガイドにもおそろしい存在だ。
せっかく登るなら晴れの日にという気持はよくわかる。
しかし、雨マークへの反応が過ぎるのではないだろうか。
まるで、自らの登山行動を天気予報に全て託しているかのようだ。
天気予報を参考にしながら、どう行動するかを考えることが登山においては大切だと思うのだが。
ずっと三日間、雨が降り続くなんてことはなかなかないし、今は素晴らしい雨具やシューズ、装備があるんだから、アプローチで少しくらい雨が降ってもいいじゃないか。
雨の狭間を突いて良い登山ができたら、より楽しいじゃないかと個人的には思う。
 
学生の頃は、キスリングにポンチョという装備で雨が降れば地獄だったが、そんな時の風景が今は良い想い出となっている。
6B462C32-6EF1-4E72-B983-0DF582501510.jpeg
天気予報が悪い日は、登山者も少ないし、奇跡のような素晴らしい景色が見れることも多いのだ。
 
晴れた日しか登らないという登山者を否定する気はないが、快晴予報の日でも雷雨があることは山では当たり前なので、いつ雨が降っても良い準備だけは必要だ。

戻り梅雨 [剱立山]

北陸も梅雨明けして、快晴が約束された週末になるかと思いきや…。
 
奧大日岳から称名滝へ降りる剱岳と花を鑑賞するまったり山行へ。
雷鳥荘に着いて、歩行講習をやろうと準備していたら雨が降り出し、一旦宿へ避難した。
そのまま、雷雨となったので温泉ビールモードに変更。
F4F17015-539F-430B-A048-4A773B8F7E22.jpeg
夕方には雨も上がり、翌日通過する山々に夕陽が落ちる風景を眺める。
 
それにしても、温泉入って生ビールは最高だ。
5C09C37C-5749-4D36-9ED8-008C2C70F0E1.jpeg
カリカリのピザといただくのが雷鳥荘でのマイブーム。
あとはカキ氷発売日を待つばかり!
16030E07-ABFE-46C2-A66C-3AC0A86DF0E3.jpeg
そして翌朝は雪が緩む前に奧大日岳を越えておきたいので早出する。
しかし、どうもスッキリしない天気で湿度が高く、昼くらいに雷雨が来そうな感じがする。
F3828223-E78F-4CA3-8170-3AB1F97DDBA7.jpeg
時々パラパラと小雨が混じって、ジメジメと暑い。
ハイマツの中にオコジョが走って行ったのが見えたので、はしゃいで行ってみたらカエルだった(涙)
歳を重ねると目もダメになる。
 
今シーズンは残雪が多いので涼しいかと期待していたら、梅雨に戻ったような陽気。
C9792710-9870-46A2-8A1C-B0F8F115151C.jpeg
立山川に向かって、こんな不思議な形のセラックもできていた。
押し倒したいけど、クルマくらいの大きさで押したら一緒に落ちそう。
19B4AB1D-1889-4568-BA9B-1ACE7E841B33.jpeg
剱岳はイケメンだが、黒い。
誰かと似ている。
AD6DA5A3-030E-4FCF-8782-523972D8B647.jpeg
雨は降ったり止んだりでここから雷鳥荘へ戻ったが、意外に雨は強くならず我慢して称名滝まで行けば良かったかなと…。
こういう判断は難しい。
しかし、その後は局所的に強烈な雷雨があったようで、やはりこの時期に必要なのは第六感ですね(笑)
E7D7ED7A-F3FC-4E66-9CCD-2038160EC857.jpeg
花は他にもたくさんあって、目を楽しませてくれた。
そして、梅雨時期は滅多に目にできない素晴らしい景色にも出会う事ができる。
この時期の立山周辺は残雪あって厳しい面もあるが、是非訪れていただきたいものだ。
D9A8F437-66A9-44BB-A321-A2D33FF732A0.jpeg
次はどこ滑ろうかなぁと考えてしまうほど雪がある。
 
室堂に着いたら雨が強くなってきた。
数日は雨に悩まされそうだが、夏前の休暇だと思って整える期間としたい。