So-net無料ブログ作成

熊さんに出会った [北陸]

この週末は金曜日から赤木沢へ行く予定だった。
しかし、台風10号が過ぎた後も台風一過とはなりそうになく、しつこく霧や雨が残りそうで中止とした。
金曜日は山に入らず、えび寿司でどこへ転進するかのミーティング。
93B27643-E992-4411-8425-D2A907E4FA55.jpeg
美味しいものを手品師のように作ってくれる、えび兄さんにはいつも感謝!

いつもは剱岳に登ってからの慰労会で利用させていただき、お客様方は全員幸せになってから帰路につかれます。
782FDA07-CFF6-4A83-8969-C7E41E1B80E1.jpeg
土曜日は剱岳西面大展望を楽しもうと、クズバ山へ。
主に残雪期に登られ、西大谷尾根上にある剱岳に最も近い山です。

午後から展望が良くなると考えて、出発を遅らせたが、ずっと霧が深く剱岳は見えなかった。
えび寿司Tシャツに描かれた剱岳を楽しみました。
下山中は雨も降って、山には湿気がいっぱい。

そして、登山口まであと少しの所で「グルルッ!」と重低音の地響きがした。
藪の中に熊がいて、おそらく5mくらいの距離か。
声と音を出したが、離れる様子がなかったので、ストックのキャップを外して襲われた時の準備をした。
とにかく、お客様方を逃がさないとならない。

今まで、何度か熊とバッタリは経験してきたが、ストックとかピッケルとか尖ったものを向けて、声を発すると立ち去ってくれた。
私は、学生時代から社会人時代に極真空手や総合格闘技を真剣にやってきたので簡単にはやられない気持ちがあるが、一般的には立ち向かうのは辞めた方が良いでしょう。

今回は、姿が確認できず睨み合いがしばらく続いたが「グルルッ!」という声が少し上に移動したような気がしたので、その間にゆっくりと下山を開始した。
こちらが動き出すと、どういう反応をするか不安だったが何事もなく済んだ。

この夜は馬場島荘に宿泊。
9962CA45-4551-44F1-9C3A-C327E91490E3.jpeg
星野君、頑張っているので、みなさん御利用ください。

翌日は赤谷山へ。
朝4時に出発して、ブナクラ谷の右岸高巻きで、またしても熊の気配が。

さっさと通過して、ブナクラ谷を詰める。
まだまだ、藪が多くて暑くて大変だが大展望に癒される。
9DE169CB-F290-4CCB-8751-DD5D7F3BBD12.jpeg
雄大な毛勝三山をバックにひたすら藪漕ぎ。
BD787D02-118F-40CC-AC58-F3AEAAE9A130.jpeg
やっと剱岳に逢えました。
9217319B-0614-46E3-80E2-92927CE2B438.jpeg
ここは何度来ても癒される場所です。
剱ダンチョネ節が出てしまう。

下山時、朝熊の気配を感じた所で「クルルッ!」と軽い音がしたので見たら、熊が横を向いていた。
こちらに興味がないようだったので、そのまま通過した。

我々が熊の領域を侵しているので、通過させていただけるよう、こちらの存在を知らせる努力は必要だと思います。
熊鈴は、人を恐れている熊には効果的だが、人を恐れていない熊にはどうなのだろうか。
我々は熊がいる山だと認識して、他に登山者はほぼいないだろうという想定で、両日とも熊鈴は付けていました。

熊と人がお互い不幸にならないように、バッタリトラブルを避ける工夫をしないと。

下山したら、マダニが足に3匹くっ付いていましたが、可愛いもんです。

新緑と残雪たっぷりの白山へ [北陸]

ホントは剱方面へ行く予定だったが、昨日の雨で本日、日帰りでの白山に変更。
0FAB5826-5EEE-4195-AA91-5974CD04A4F5.jpeg
2人のお客様と別当出合から砂防新道をのんびりと往復して7時間。
619889C3-9430-48EA-8D7B-6A24261A12B9.jpeg
新緑と残雪を満喫できた白山。
実は私、初めて登った。
富山から近いのに、なぜか石川県はあまり行かない。
いつも、剱立山から遠くに見える白い山が気になっていた。
初めての白山はとても良い場所だった。
来シーズンは是非スキーを使ったツアーをやりたい。
厳冬期は樹氷も観れるらしいし、気持ち良さげな斜面がたくさんある。
最近の私は、剱立山ばかりで他の山域に出掛けることが少なくなった。
ひとつの山域に根付き仕事をすることは大事だが、だんだんと自分がマンネリ化して行くことも感じている。
生活に追われ、膝の心配して、大好きだったクライミングも辞めてしまった。
海外登山も失敗が続いて嫌気が差してしまった。
新しいことと出会い、刺激を受けなければ自分が死んでしまうとつくづく感じる。
また、クライミングを再開してみようかなと思う。
また、基礎からやり直します!

遠い頂 [北陸]

GWが終わり、誰もいないであろう富山百山最難関の一角を目指して藪と格闘してきた。
D2D8D8F0-AA6D-41B2-9379-A1DD67538013.jpeg
桂湖を出発して藪と倒木、ズボズボの残雪と6時間半格闘し…。
68C7036F-948E-41FA-A342-7897F6652C88.jpeg
何度も心が折れそうになり、夕刻やっとたどり着いた。
私の足もすっかり長くなった。
C8146C4A-9281-4171-962C-2E38397B28B6.jpeg
しかし、目指す山は更に4時間くらい掛かる笈ヶ岳。
7740DC74-923F-402B-8211-533C34F0838A.jpeg
ビバーク装備もバッチリ背負って来ているので、先へ進みたいが稜線は藪。
大笠山避難小屋へ。
BD077827-457B-4DD3-BBFA-7A09A83586A4.jpeg
石川県の海岸に沈む夕陽が美しい。
C0E43C9F-5E48-4FAB-BABE-8CAB708B6139.jpeg
今朝は剱立山方面から上る朝日を浴びる。
EA03362D-36D9-43A5-9DF6-C22FF2BA8C1D.jpeg
笈ヶ岳と白山が美しい。

気合い入ったお客様方と苦労しながら大笠山まで達することが出来て良かった。
深山幽谷を味わいながら、誰もいない山で頑張ったことはこの春一番の良い思い出になるだろう。
でも、やはり笈ヶ岳に届かなかったことは悔しい。

以前来た時は四月下旬でここまで藪漕ぎが酷くなかったので、半分くらいの時間で大笠山に届いた。
今年の山は稜線に雪が少なく谷に多い気がする。
特に、この標高は融雪激しく、一週間遅かったか。

こういう藪漕ぎと残雪を利用した山は北陸にはいろいろあって、私は大好きだ。
近いうちに藪ガイドに進みたいと思う!

展望の山へ [北陸]

今日は天気予報がとても悪かったので、散々悩んだ挙句に七姫山へ
ACB725C1-49A9-4590-9742-9871D933B8BD.jpeg
鍬崎山の対岸にあり、大日連山や剱岳、毛勝方面などの展望が素晴らしい山。

稜線に出てからは臼越山方面にはトレースがあったが、七姫山方面はトレースなく気持ち良い稜線歩きを楽しめた。
B5847D50-9DBF-4762-939E-F12270DBCEFD.jpeg
雪の状態はグズグズで、山頂直下はナイフリッジでピッケル&アイゼンに替え、下りはロープを使った。
00BAA253-D700-434B-976B-D5486B0224EB.jpeg
最後は急な雪壁を越えて、雪庇に注意して山頂へ。
B1FE2B8C-9033-4ECB-A339-640BBF2A9D01.jpeg
鍬崎山が目の前で、剱岳もうっすら見えた。

往復7時間超掛かったが、曇天無風で快適な登山を楽しむことができた。

人がいない、トレースがないというだけで雪山の魅力は倍増する。
お客様にも喜んでいただいて、良い週末でした。

えび寿司さん ありがとうございます!

新雪と戯れる [北陸]

四月に入り、新元号は「令和」に決まった。
そして、北陸は良い雪が降り続き。

そんな平日の早朝、吹雪が予想される日にふたりでラッセルしに入山。
C0C9C408-8E8B-41CA-9E2D-E7D5185C34E1.jpeg
四月とは思えない新雪の量。
風と気温、日射や方位など様々な影響でおこる雪のクォリティ変化を感じながら、ひたすら黙々と登る。

ワイワイ登る山も良いが、誰もいない静かな山も良い。
自然の中に抱かれて、新雪にもがいていると人間の力の小ささを感じる。
とても贅沢な時間を過ごすことができた。

最近はラッセルを嫌う風潮を感じるが、結果より過程を大切に楽しみたいと思う。
新雪たっぷりの山を自身でルートを選んでラッセルする楽しさは登山の醍醐味だ。

場所によっては、ワッフ音がして、キレやすい状況もあり、その時の適正ルートの選択が困難だった。

この春の降り方は、注意が必要だ。
いよいよ来週からは立山に入ることになるが、慎重に行動したい。
雪の判断は自分の目と感覚で間違わないようにやらないと。

雪がある山は様々な課題を与えてくれる。

鍬崎山は全然届かず [北陸]

一昨日から昨日にかけて、鍬崎山を目指しました。
東京から来たお客様と「あわすのスキー場」に着いたのが正午くらいでした。
スキー場内から登れば早いのですが、登山者がスキーゲレンデ内を歩くのはあまりにも無粋に感じますし、センスがない行動に思いました。
平井山荘からひたすらラッセルしますが、膝上から胸まで潜って頑張りました。
上の方へ行くとリフト上のスキーヤーから見えるので、「ガンバレー」「あともう少しだよー」などと声援を浴びながらだんだん恥ずかしくなってきました。
結局、ゲレンデトップに着いたのが15時。
それからもラッセルが続いて、16時過ぎにテントを張りました。
7F6F1D04-CB10-4510-8A72-AD6FF7BE95E4.jpeg
翌朝も7時からラッセルでしたが尾根上は雪も少なく歩きやすかったです。
大品山を超えたのが11時で、なんとか鍬崎山まで頑張りたかったのですが、高齢のお客様方は充分満足されて敗退となりました。
229EBB3C-4F5D-4710-8119-A7FB5CA33ACE.jpeg
でも立山の景色には感動されていて良かったです!

今日、「あわすのスキー場」でリフトに乗って数本滑りましたが、リフトの有り難みを改めて感じる次第です。


ガイド初めはいろいろと [北陸]

1月5日、2019年ガイド初めは本郷組の老舗メンバーさん達と新年会兼ねて、富山の低山へ。
少し奥の林道まで入ろうとしたのがいけなかった!

お客様のクルマが脱輪し、JAFかと…。
私のジムニーで牽引して、なんとか脱出。
なんか疲れた!
C24EA18B-57A2-47CF-BD02-793B14798275.jpeg
気を取り直して、小佐波御前山へ。
まさかの雨でトレースはあるものの雪は重くて、なかなか大変でした。
BFC9DBEA-589B-4381-9D0C-EBB1E5495083.jpeg
展望もいまいちだったが、時々見える神通峡が綺麗だった。

それなりに頑張って歩いたので、みんな楽しかったようです。
夜は子供達も合流して、楽今日館で新年会。
99796FDD-2208-41A7-A3A2-0CD6F895F2B0.jpeg
しかし、帰路に私の家族が交通事故とのこと…。

翌6日朝、お客様方の御厚意で次の山を中止して帰宅。

幸いに、誰も怪我なく、クルマの大ダメージだけで済んだ。
新年早々のトラブルでしたが、これでトラブル納めにして欲しい。
今年こそ、良い年になりますように!!