So-net無料ブログ作成

剱のロングトレイル [剱立山]

初日は馬場島から早月小屋へ。
8937BC7B-1AD2-4C7B-96CE-C8F932D22F36.jpeg
台風15号の影響か、とにかく暑くて消耗した。
四日分の荷物も重くて、汗だくで小屋入り。
C18F2900-855A-48CD-95FC-C42A786AFC78.jpeg
美味しい夕食を戴いて、スタッフ飲み会に参加してから早めに寝た。

2日目は4時前にスタートして、6時20分に剱岳山頂へ。
7E07F707-C4BB-4E4B-A124-AAD91E553BCC.jpeg
既に人がいっぱいで、早々に北方稜線へ。
ここからロープを結んで、最も安定したルートを選んで進む。
何度も往復しているが、この時期が一番安定している。
0B808595-8152-4487-8233-1DDDFCB462E0.jpeg
左からチンネの頭、三ノ窓の頭、八ツ峰の頭。

好天には恵まれたが、この日も暑かったので、とにかく休憩を細かく取って、水分補給に注意を払う。

どんなに時間が掛かっても良いから、集中力が切れないように努めた。
F9DED75F-E65A-4761-85EF-0C1044577237.jpeg
こちらは小窓王南壁。

池ノ谷ガリーは相変わらずボロボロで気を使う。
5BBD4E9B-C011-4985-A58B-7774DED67AD8.jpeg
チンネ左稜線を登るパーティが見えた。
40903F9F-ECA4-456E-BE53-98818B9D5118.jpeg
三ノ窓から見た富山の景色は最高!

発射台から小窓ノコルまでは残雪は全くなかった。
076FB86F-8132-4AE6-B4E2-8784E10C5040.jpeg
小窓雪渓も安定していた。
5ACAEA28-05BB-46F6-A2A2-B45EFD8D3DAE.jpeg
展望台からのモンローの唇と涎。

とにかく暑くて、気持ちが切れないように、みんなで頑張った。

池ノ平小屋は今シーズンから管理人が変わった。
私達は仙人池ヒュッテに泊まった。
DF8CFB5A-A43D-499E-B87F-6A79D7B8A9DB.jpeg
この景色が見たくて。

3日目は5時にスタートして、仙人谷の河原で朝弁当を食べた。

そして、今回の核心と考えていた仙人温泉手前の残雪は全く問題なかった。
243CFCC9-5E35-47D0-8136-9B29761629A8.jpeg
前日まで雪渓を潜っていた部分は、朝までに崩壊した様子で上からバンドをトラパースして回避できた。

今後、雪に乗らずに渡れるはずです。

雲切新道の下降も暑くて、かなり消耗した。
阿曽原温泉小屋には10時過ぎに着いた。
台風が心配だったので、この日に欅平まで抜けようかとも思っていたが、暑さでやられると思い温泉とビールで乾杯!
F64882B5-0D54-479C-88B2-F3C479B5FC76.jpeg
ここはやはり天国です。
36BD5A0E-074A-4A5F-B0FF-D46A28F8E74F.jpeg
ランチは泉さんがスペシャルカレーを作ってくれた。
最高に美味しくて、おかわり!
9E211289-80C7-4CF7-BD59-5DC457E81691.jpeg
昼寝と温泉と宴会を繰り返し、夕食も豪華。

みなさん、幸せを感じていたようで。

最終日は、ようやくの雨。
5時にスタートして、雨は降ったり止んだり。
EB7C8EB9-2A3B-42D6-A9A0-244229E15F7A.jpeg
雨具を着て、サウナ状態。
でも、景色は凄い!
05921C84-F9E2-4C66-8462-3DF372C786AF.jpeg
何度か登らせていただいた黒部の怪人も、いまや誰もいなくて寂しい限り。
730B3D41-CF62-47D8-ADB1-030CE6E2CEBF.jpeg
10時30分に欅平に到着。

暑くて長かった4日間。
全員で毎日笑い続けた楽しい山旅も終了。
FAEAE2F5-CD58-4650-B204-841B7F9AC639.jpeg
トロッコで飲むビールも最高でした!

Facebook コメント