SSブログ

夏剱開幕戦 [剱立山]

いよいよ夏剱の開幕戦を迎える。
AB3D2034-8E40-4DBC-B7B6-BA7830E4E481.jpeg
今週の天気予報を眺めていると絶望的になるが、木曜日に低気圧が来るまでの時間がワンチャンスと思い、お客様に予定変更してもらった。
A049CEEF-CCAE-4CC3-9ED7-835E6DAE0725.jpeg
久しぶりの室堂は、すっかり雪が減ってしまった。
B00756D9-1E9B-48EA-B963-8B2C68F03363.jpeg
しかし、花は豊富で癒される。
花のガイドとしても生きて行きたい。
6B7008D4-1357-4375-8358-2B1B3ECB2FDB.jpeg
降られることを覚悟しての水曜日は、結局降られることなく剱沢に入ることができた。
FC0AADB0-DA58-4886-8D6B-9356A5C007AA.jpeg
剱岳は相変わらず恥ずかしがり屋。
9A8A85EE-D267-4831-94C6-8987FE4E4390.jpeg
剱澤小屋から剣山荘へは雪切してあり、我々はアイゼンを使わなかった。
4345ADD4-0F71-428E-BB9F-AF74E2788CD5.jpeg
剣山荘オリジナルステッカーが発売されていた。
防水なのでヘルメットにどうぞ
900F5B18-82B9-401C-A28C-657A84C6ED38.jpeg
夜は外が眩しくてなかなか寝付けない。
そう言えばスーパームーンだった。
 
そして、翌朝は予想通りの高曇り。
DE0E0E94-6117-4779-BD7B-A344D50CD0C6.jpeg
一服剱までのいやらしい残雪もバッチリ雪切してあった。
4EF0B012-9AB8-4C9A-8C87-5C8CEA0E1D10.jpeg
一服剱で夜明けを迎える。
ここから山頂までは雪を踏むことはない。
1A4397B9-C72F-47CE-90DF-04727BED6AEC.jpeg
タテバイへの雪の大谷も開通していた。
021ACE80-FACD-4D00-984F-C5548678826D.jpeg
タテバイはウェットなので慎重に。
タテバイを越えた上の抉れた溝は更に深くなっていた。
今夏はこの箇所で渋滞する気がする。
709F9945-F63A-496B-88B8-275111347BA1.jpeg
すっかり夏になった剱岳。
二日間、一度も雨に当たることなく室堂まで下山できたのは幸運だった。
 
山小屋は海の日絡みで、キャンセルが続いていると聞く。
週間天気予報は、山小屋にもガイドにもおそろしい存在だ。
せっかく登るなら晴れの日にという気持はよくわかる。
しかし、雨マークへの反応が過ぎるのではないだろうか。
まるで、自らの登山行動を天気予報に全て託しているかのようだ。
天気予報を参考にしながら、どう行動するかを考えることが登山においては大切だと思うのだが。
ずっと三日間、雨が降り続くなんてことはなかなかないし、今は素晴らしい雨具やシューズ、装備があるんだから、アプローチで少しくらい雨が降ってもいいじゃないか。
雨の狭間を突いて良い登山ができたら、より楽しいじゃないかと個人的には思う。
 
学生の頃は、キスリングにポンチョという装備で雨が降れば地獄だったが、そんな時の風景が今は良い想い出となっている。
6B462C32-6EF1-4E72-B983-0DF582501510.jpeg
天気予報が悪い日は、登山者も少ないし、奇跡のような素晴らしい景色が見れることも多いのだ。
 
晴れた日しか登らないという登山者を否定する気はないが、快晴予報の日でも雷雨があることは山では当たり前なので、いつ雨が降っても良い準備だけは必要だ。

飛騨の名渓「沢上谷」 [沢]

飛騨のデート沢へ向かう。
BE3274CA-1248-458C-BBB0-205C08E715C5.jpeg
高山には変なキャラがいた。
470A2D6C-C3B6-4FE5-8F4A-D926E4C61457.jpeg
これはヒダッチというらしい。
イデッチは知っているが、ヒダッチは知らなかった。
 
平湯温泉に泊まって、沢上谷へ。
入渓点までクルマで入れるが、遡行終了点にもクルマをデポしたので、アプローチカットのいいとこ取り!
3998DD08-CC69-4A6A-ACFE-0B319515E9A2.jpeg 
水量少なめでルンルン歩ける。
ただ、大気が不安定でいつ雨が降り出すか警戒が必要だったので、五郎七滝は寄らずに岩洞滝に寄る。
208E4AFD-323A-496E-8109-932CAC4BEAF1.jpeg
ここは滝の裏にも回れる。
5616ED3A-9B36-4734-94A3-C676F70266D4.jpeg
裏からの風景。(お客様の写真)
30872B06-8412-4E37-A207-A6759F3201EB.jpeg
ナメに寝そべると気持ちいい!
5E520E75-62C2-44FF-B994-C9A89E6D989D.jpeg
泳ぎたい人はどうぞ。
ただし、泳ぐ時はヘルメットを外しなさいと言ったんだが。
B7A6A969-FA27-4F95-B60C-31024DC20E60.jpeg
蓑谷大滝は実に美しい。
 
ここは左岸から巻くが、素晴らしいクラッククライミングルートがあるのをご存知だろうか。
チョーク跡があったので、最近誰か登ったのだろう。
CAFE1495-87CB-4674-8070-DACB6C2918B3.jpeg
巻いた後の急下降はデート沢唯一の緊張感があるパート。

沢床へ降りて、ここからが沢上谷の真骨頂。
3E82D3FB-BF6D-4C0B-8033-5358DDCA874B.jpeg
どこまでも続くナメ!
これ以上の天国はなかなか存在しない。
 
今回、沢登り初めてのお客様から楽しかったーと。
E5FC17DC-98BC-410E-AC76-22E918A0C1F2.jpeg
初めての沢体験をお手伝いさせていただき幸せでした。
 

沢は時期や水量、天候によるリスク変化が激しく、それが面白いのだ。
この先になにがあるかというドキドキ感こそが楽しみだ。

YouTubeとか山行記録を過剰に予習すると、実際の山行が答え合わせみたいになってつまらなくなるのでは…。
地形図、遡行図を頭に叩き込んで、あとは現物を楽しみたいと思う。
行ったことがないのに、行った気になってしまうことは楽しいことなのだろうか。
 
解散して、高山から富山へ向かう所でバケツをひっくり返したような激しい雨が降り出した。
後続パーティ達は大丈夫だっただろうか。

沢登りもシーズンイン [沢]

クソ暑い日に涼しい沢登り。
平日の晴れ間に五箇山の沢へ。
A0908F22-B6D3-4E36-A4DB-B2C12A0DEC30.jpeg
ところが、沢を一本間違えて、目的とは別な沢を。
3D8B9DBD-2929-4435-873C-F516CC0256B7.jpeg
大雨が降った後なのでヤケに荒れてるなぁと思いながら、渓相が変わったんだなぁと深く考えずに進む。
蜘蛛の巣だらけで、持っているストックで払うとすぐに綿菓子状態になる。
人はこうして遭難するのだろう。
途中で地形図を見て、違う沢にいることに気付いたが、長いローブも持っているし、今いる未知の沢を楽しむことにした。
F2DE1C6D-AB77-48EB-A833-96DA3F06758A.jpeg
沢を間違えた罰として、天敵の蛙と蛇が出没して、罪を悔い改めた。
反省会しながら、クルマまで戻る。
嗚呼、初心忘れるべからず。
 
クルマに乗って、テレビニュースを見て、安倍晋三元総理が撃たれたことを知った。
歴史的悲劇に愕然とした。

戻り梅雨 [剱立山]

北陸も梅雨明けして、快晴が約束された週末になるかと思いきや…。
 
奧大日岳から称名滝へ降りる剱岳と花を鑑賞するまったり山行へ。
雷鳥荘に着いて、歩行講習をやろうと準備していたら雨が降り出し、一旦宿へ避難した。
そのまま、雷雨となったので温泉ビールモードに変更。
F4F17015-539F-430B-A048-4A773B8F7E22.jpeg
夕方には雨も上がり、翌日通過する山々に夕陽が落ちる風景を眺める。
 
それにしても、温泉入って生ビールは最高だ。
5C09C37C-5749-4D36-9ED8-008C2C70F0E1.jpeg
カリカリのピザといただくのが雷鳥荘でのマイブーム。
あとはカキ氷発売日を待つばかり!
16030E07-ABFE-46C2-A66C-3AC0A86DF0E3.jpeg
そして翌朝は雪が緩む前に奧大日岳を越えておきたいので早出する。
しかし、どうもスッキリしない天気で湿度が高く、昼くらいに雷雨が来そうな感じがする。
F3828223-E78F-4CA3-8170-3AB1F97DDBA7.jpeg
時々パラパラと小雨が混じって、ジメジメと暑い。
ハイマツの中にオコジョが走って行ったのが見えたので、はしゃいで行ってみたらカエルだった(涙)
歳を重ねると目もダメになる。
 
今シーズンは残雪が多いので涼しいかと期待していたら、梅雨に戻ったような陽気。
C9792710-9870-46A2-8A1C-B0F8F115151C.jpeg
立山川に向かって、こんな不思議な形のセラックもできていた。
押し倒したいけど、クルマくらいの大きさで押したら一緒に落ちそう。
19B4AB1D-1889-4568-BA9B-1ACE7E841B33.jpeg
剱岳はイケメンだが、黒い。
誰かと似ている。
AD6DA5A3-030E-4FCF-8782-523972D8B647.jpeg
雨は降ったり止んだりでここから雷鳥荘へ戻ったが、意外に雨は強くならず我慢して称名滝まで行けば良かったかなと…。
こういう判断は難しい。
しかし、その後は局所的に強烈な雷雨があったようで、やはりこの時期に必要なのは第六感ですね(笑)
E7D7ED7A-F3FC-4E66-9CCD-2038160EC857.jpeg
花は他にもたくさんあって、目を楽しませてくれた。
そして、梅雨時期は滅多に目にできない素晴らしい景色にも出会う事ができる。
この時期の立山周辺は残雪あって厳しい面もあるが、是非訪れていただきたいものだ。
D9A8F437-66A9-44BB-A321-A2D33FF732A0.jpeg
次はどこ滑ろうかなぁと考えてしまうほど雪がある。
 
室堂に着いたら雨が強くなってきた。
数日は雨に悩まされそうだが、夏前の休暇だと思って整える期間としたい。

夏めく立山スキー [大好きなスキー]

6月最後の日は立山へ。
0C08D971-8C46-4CFD-9B62-147BFC11E10E.jpeg
みくりが池もドラゴンアイは終わり、夏仕様に変わる。
C685F1F4-39EA-482A-806C-9C25CB741EC8.jpeg
午前中は雲に覆われ、視界不良だったが徐々に回復傾向。
 
ザラメ狙いで長い谷の中を狙って滑る。
岩が浮いた尾根の近くは落石もあるので不用意には近づけないし(この日も大きな落石が2回あった)、クラックも多数あるので、一般的にはお勧めしないが、立山をよく知る人ならまだまだ楽しめるように思う。
F2C7550E-A032-40EB-8F84-E18DDF354069.jpeg
今回で板を仕舞おうかと思っていたが、これだけ気持ち良く滑れたら、なかなかやめられない。

というか、やめる理由がない。
061DC715-A128-4CF0-B915-4009F3A4B0C8.jpeg
人生なにがあるかわからないから、やれる時には後悔しないようにやっておきたい。
 
この日の夜は地元神社で、夏越の大祓。
今年上半期の罪と穢れをお祓いし、7月1日からを新たな気持で迎えるために!
E7C13F5D-22FD-4F85-8D74-4585563F6659.jpeg
人間として生きている以上、罪や穢れは生まれてしまうのが当たり前で、日常の中で悔いたり悩んだりすることも仕方ない。
しかし、それを引き摺る事は更に良くないことで、一旦リセットする機会があれば逃すべきではない。

この神社の宮司は私の幼馴染の女性で、私の仕事も良く理解していて、こうしてお祓いに誘ってくれる。
明るい気持で夏を迎えることができてとても有難いことだ。

静粛な山 [剱立山]

毎日暑い日が続いて、身体も夏仕様に変わってきた。
この週末も暑さ対策が必要かと思っていたが、室堂から上は寒かった。
これでは、なかなか雪がなくならないわけだ。

この時期は、平蔵谷を登下降するのが楽だ。
しかし、近日ブロック崩壊事故があったばかりで、霧で視界不良も予想していたので別山尾根を使うことにした。
2DCB6FD1-3EE9-4BB4-BCE5-D606F4BCF557.jpeg
剱御前小舎から見る剱岳の雪は随分減ったものの要所に残雪が見えた。

下界は暑いが、ここは寒いくらいで気温差が激しい。
風雨激しく、落ち着かない夜だった。
 
日本海に気圧の谷が入り、湿った空気の影響で、霧がしつこく纏わりつき、風も強烈だ。
早朝4時に出発予定だったが、風が弱くなるまで出発を遅らせた。
タイミングを見計らい剱御前小舎を出た時には視界はほとんどなかった。
しかし、三田平で一瞬視界が開けた。
53F073E9-12A8-4A09-BC01-7FEAB3BE8EEB.jpeg
剱岳の全容が見えた。
改めて凄い山だ。
どんな環境になっても、この山を案内できる私は幸せだ。
C1E25272-7A3E-43F2-B980-B25D5638923A.jpeg
剣山荘から一服剱の残雪は、この時期嫌らしい。
雨が介在して雪面硬く、あまりに危険なので、黒百合のコルへ左上してから薮漕ぎして一服剱へ。
トレースは全く見当たらず、しばらく誰も登っていない様子。
CB1180F0-41AF-46F1-A8D4-51287F5C29B8.jpeg
アイゼンを履いたり脱いだり、いろいろと忙しい。
雨も降ったり止んだり…。
E6FE3B24-4CBD-407A-8E75-A0473C330175.jpeg
前剱は大岩から上に雪がベッタリ載っているが、西壁寄りを登れば問題なくルートは取れる。
F37CA4FF-F0D3-42B9-B064-6D88CF5FF3C5.jpeg
やはり、前剱大岩は出ていた。
8A639146-E827-4DC4-BACE-77E0ECC57559.jpeg
大岩から肩までの鎖場は完全に埋まっているが、左から稜線上を行ける。
あとは、平蔵ノ頭周辺でアイゼンを使用するだけで山頂まで問題はないはずだ。
しかし、ここからは強い西風をモロに受けるし、様々な事情で敗退するしかなかった。
5197A280-9B76-458F-B0A6-A4F16989B330.jpeg
剣山荘に寄ったら、7月1日からの小屋開け準備に忙しそう。
皆さんの元気な顔が見れて嬉しかった。

今は静粛な剱岳だが、もうすぐ長くて熱い夏が始まる。
 
剱岳はどのルートであっても、準備ができていない人が登れる甘い山ではない。
ガイドがいても歩くのは自分。
技術はカバーするので、体力、装備、そしてなにより折れない心はしっかり準備して来て欲しい。
 
余計な情報は要らない。
山行記録から得た先入観は、時に邪魔となる。
その情報は、その人がその時に経験しただけの話で、山は時期と気象とタイミングで全く別物に変わってしまう。
まして、どこの誰だかわからない人が発信した一方的な話は参考にもならない。
 
そんなことを気にするより、山に畏敬の念を持ち、自らの経験を豊かにして、隠れたリスクをコントロールする意識の方が大切だと私は思う。

初夏の入笠山へ [Guide]

梅雨晴れの平日に入笠山へ。
8E40ED34-417E-4AD3-A3DB-B5213A07D9A8.jpeg
平日なのに登山者で賑やかだった。
83CB937A-D151-404F-9D02-47AD6EDB528E.jpeg
初夏の入笠山は初めてだが、花が沢山咲いていて平和な世界に癒される。
B7B2DC31-C6FE-4FDE-836E-17F66546BCE5.jpeg
長いお付き合いのご夫婦と一緒にのんびりと歩く。
山頂は風が強いので長居せず。
718A0F41-A8FB-44AC-9749-9A254C8EAFC5.jpeg
大阿原湿原へ降りると人もほとんどいなくなる。
E519233C-937D-4E22-AE2E-F56CA73CBBED.jpeg
テイ沢は穏やかな流れで清涼感たっぷりだ。
0DEBCAAB-8016-46A7-A7E4-1A49B5DFCAD8.jpeg
渡れない橋もあるので、少し渡渉も入る。
5308E3D5-E9BF-4431-B858-330141A0C3F5.jpeg
そしてお楽しみのマナスル山荘本館でランチ。
BBBD145A-310A-451F-9D39-05FC24499B9F.jpeg
代表メニューのビーフシチューは安定の旨さ。
459DC56F-2B31-4918-B8E2-3F5617A7CE66.jpeg
そして、試作メニューのハンバーグをいただいたが、これは大人気メニューになること間違いなし。
私はカレーを添えて食べたが、様々な食べ方ができるだろう。
メニューに記載されるのが楽しみだ。
820557DC-BBD8-4CB4-8439-9A0E495C3C2E.jpeg
こんなテラスもあって、日帰りなのが勿体ない。
やはり、ここは泊まりでのんびりと過ごしたい。
69FD7803-EEE0-4287-9384-847DCE41D781.jpeg
マナスル山荘本館は、人生に疲れたら訪れるべき場所。
オアシスのような癒される時間がゆっくりと過ぎて行く。
怒涛の夏が終わり、秋になったらまた来ようかな。

夏至のスキー [大好きなスキー]

夏至は太陽のパワーが最も強まる日。
9478C000-CDF3-40F1-B6AF-34B28AE06EA9.jpeg
ザラメ狙いでゆっくり時間で立山へスキーを持ち上げた。
 
今シーズンは富士山で板仕舞いかと思っていたが、立山を歩いていると縦溝もなくて面が綺麗だなぁと感じていた。
実際、来てみたら、斜面とタイミングが合えばまだまだ楽しく滑れる。
153CF4D6-2DE6-4C02-A873-1DF1F06E0E67.jpeg
雪氷藻が目立つ赤い斜面。
 
午前中はまだ氷が引っかかる箇所もあったが、昼過ぎたら文句なしのコーンスノー。
滑り手は誰もいなくて貸切。
これからまだコンディションが良くなるかもと期待は膨らみ、スキーを仕舞うタイミングも理由も見当たらなくなった。
 
やはり、山は来てみなければわからないものだ。
 
アルペンルートも山荘もガラガラに空いている時期なので、ゆったりと楽しむには最適期かもしれない。
0D43163E-617E-42AE-AD75-B80241003E61.jpeg
まだ、もう少し粘ってみようかと思う。

灼熱駒ヶ岳へ [越後]

魚沼のシンボルであり、天馬空を翔る「越後駒ヶ岳」へ。
雪を抱いた山稜や深い山襞は2000m級の山にはとても見えず、北アルプスや南アルプスに匹敵する巨大山塊に見える。
 
来週末からが山開きで、まだ枝折峠へクルマは入れないので銀山平から長い標高差を上がる。
銀鉱採掘で繁栄した元禄時代の銀山平には、人口が1万4000人余りいたとされる。
現在では長いトンネルの先にある異次元空間だ。
E3D3F96C-684E-4B18-BC62-9FC8EB2C0230.jpeg
枝折峠から軽荷で日帰りする登山スタイルが通常だが、寝食酒を充分背負って駒の小屋へ一泊して、この山を満喫することにした。
45389281-295F-4A52-90AA-AC981C673C9B.jpeg
石抱橋から道行山の急登は重荷ではなかなか厳しい。
しかも、真夏日で暑くて修行。
3BD1EBDF-361A-4FA6-BEF7-FB9E0F162134.jpeg
これが「銀の道」のプレートだ。
先人が峠を越えた道。
05578B74-CDFF-475C-A36E-BB2C0100C8E3.jpeg
沢を渡渉したり、薮を漕いだりがまた楽しい。
22D08A51-51E0-49D3-80BD-01C93537BC56.jpeg
道行山へ登り詰めると、越後駒ヶ岳とこれから進む明神尾根の全容が見える。
まだまだ駒の小屋は遠い。
しかし、枝折峠からのハイウェイのような登山道に合流して一気に脚は楽になる。
ED4113C1-AA63-4B1A-8085-2A6A17B92AF7.jpeg
雪の上は涼しくオアシスだ。
9A0B2B49-107F-4EF9-8F19-A841765B25CC.jpeg
花も目を楽しませてくれる。
 
夏道と残雪を繰り返し、岩場の急登を詰めると本日は終了。
D9106019-FB06-41A3-94E6-686783116B82.jpeg
ようやく、今宵の宿に。
管理人さんは優しく丁寧な方。
小屋も綺麗で快適である。
E90F29EF-E107-404D-8DB7-1302917754F5.jpeg
同宿者も私の知り合いで楽しい一夜を程々に。
 
翌朝、越後駒ヶ岳山頂へ。
329B8FFA-B164-45C1-ABBE-DA0EE0A79A5C.jpeg
残念ながら大展望は叶わず。
391B2E31-67BD-46D3-A7E0-5A6557441655.jpeg
お世話になった小屋と管理人さんに挨拶して下山開始。
C1F541F9-0021-49D9-A035-3958ADDC914F.jpeg
下山も長くて暑い。
7C4C933C-7D68-43AC-A0D9-229F6C8F4EF7.jpeg
白銀の湯で汗を流して。
A6644DAA-09B7-4C46-A12D-B396321A7598.jpeg
へぎ蕎麦を食べて、越後の山旅を終える。
 
梅雨時期に重荷を背負い、暑さに慣れておくと、夏の山が楽になるのだ。
 
帰路に地震が発生し、少々焦ったが何事もなくて良かった。
これからしばらく注意が必要だが。

近江の国へ [ハイグレードハイキング]

この夏に剱岳をチャレンジするお客様の事前講習で金勝アルプスの天狗岩へ。
E6091BC4-302A-4422-A021-82F1D924DA01.jpeg
滋賀県の山は行ったことがなく、知り合いの関西ガイドさんから情報収集して調べた。
とかく、SNSは信用ならないので。
2ACEB386-45E0-4304-81C6-FB0D56987174.jpeg
早朝に富山を出発しても良かったのだが、初めての地なので前日に出発し、行ったことない伊吹山へ登ろうかと…。
下から登るつもりだったが、なかなか雨が止まず、伊吹山ドライブウェイを使った。
入口料金所の兄ちゃんが、「雨ですよ」「風が強いですよ」「何も見えませんよ」とネガティブな言葉を連発。
しまいに、クルマの車内を覗きだし、怪しんでいた。
DD856D29-02B7-47F1-A144-442EE0E7F6E6.jpeg
なるほど、何も見えません( ; _ ; )/~~~
35C95AA2-F160-4DBD-9507-E0BC4902F9F3.jpeg
日本武尊がおられた。
 
どこにいるかもわからないので、ヤマレコ頼り。
205ACCF9-C681-4D8C-AF31-FCF8915B665C.jpeg
近江八幡巡りへ。
A61E6C4F-3A46-4ED8-8130-5D8CD36E5A58.jpeg
近江牛でひとり焼肉。
62359F03-4052-471D-B584-026B7AF419EA.jpeg
近江牛サーロインステーキは絶品。
 
そしつ、翌朝は金勝アルプスへ。
集合前に下見。
0C7B4D81-3C33-47B7-9395-05E7C8B09CC7.jpeg
お客様と集合して、歩き方講習しながら、天狗岩へ。
3BFBC4DF-15F1-4601-B03E-3E4C020F9892.jpeg
クライミングルートもあるみたいで、近くにあったら良いエリア。
68C767D7-7EE1-4D82-9275-D2E75A452F9D.jpeg
琵琶湖も見える。
DC3F971C-AD98-470A-9F7B-5BFA7550FF04.jpeg 
この花がたくさん咲いてました。
E672ABBF-1CA8-41A0-A179-8B404859833E.jpeg
有名なガイドさん達にもバッタリ!
踏み跡辿るといろいろ岩場がありそう。
富山からは微妙に遠いけど、関西圏の方と岩場体験に楽しめるエリアですね。
 
ところで…山と渓谷7月号に剱岳の紹介してます。
FF06FB9E-518D-4A56-91E3-7B50BB79559A.jpeg
いろんな岩山について、いろんな方から紹介されてます。